脱サラ起業物語

ごくごく普通の平凡サラリーマンが、いきなり北海道で脱サラ起業!退職から起業まで悪戦苦闘ぶり?をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

年末

去年までは年末というと、
仕事納めがあって、大掃除して、やっと一息ついて・・・

今年は、年末って感じがしないな。


でも、振り返ると激動の一年。

仕事、住む所、家族(子供)。

1年間に3つも変わるなんて。


ただ、この変化は自分で決めた事。
だからこそ、来年への重圧をひしひしと感じる。
そして、期待も。


来年は必ず飛躍の年に


皆様も良いお年を。
来年もよろしくお願いいたします。
お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。
スポンサーサイト

6年ぶり

髪を切ろうと思って、6年前に通っていた美容室を覗いて見る。

そこは店員さんの入れ替わりが多いところなので、カットしてもらっていた人はもういないだろうなー、と思っていたが、意外にもいた。


6年間を経ていたのに、お互い顔を覚えていたことが嬉しい。

まるで昔に戻ったかのような瞬間だった。



以前住んでいたあたりはだいぶ変化していた。

昔ながらの店は閉店したり、大型のショッピングスーパーが幾つもできていたり。


それでも、変わらない記憶を見つけることができ、とても満足の1日だた。

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

公務員


お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。 【“公務員”の続きを読む】

おいしい!

北海道はいろいろな食べ物が安くておいしいのは当たり前だけど。
その当たり前を改めて実感。


妻の親戚がきのこを栽培している。

そこから、「えのき」をもらった。


東京でも「えのき」をよく買っていたけれど、全然ものが違う。

太さと歯ごたえが違うんです。

採りたてで新鮮だから、という理由だけじゃない。
種類が違うんじゃないか、という気がしました。


こっちでは当たり前でも、
消費者にはこんな良いものが届いていかないんですよね。

こういう本物の素材を消費者にもっとアピールしていけば、生産者も消費者も、お互いがハッピーになれるんだと思いました。


お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

思い込み

今日は中古車を買いに札幌へ遠征。

なんといっても節約生活なので、
中古車かつ軽自動車と決めうち。


軽自動車の中でもワゴンRが良いなと
事前にネットで調べておいた所へ行きました。


実物も見て、「よし、これにしよう」

と思い、契約の段になって、


『このワゴンRは軽自動車じゃなくて普通車ですよ』


「えっーーー(+_+)」


軽自動車じゃないワゴンRがあるなんて、知らないよー。



「まあ、これも何かの縁だ」

結局買ってしまいましたが。


思い込みは本当に気をつけないと・・・。
お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

はじまり

無事に北海道に到着!

生後3ヶ月の息子が飛行機デビューしましたが、
とくに何事もなく、ホッと一安心。


寒さも思ったほどではなく(今年は例年より暖かいらしい)

過ごしやすいのかな。


ただひとつ困っているのは、


今までと違い、ダイヤルアップなので時間がかかること。

しかも、今まで使っていたパソコンはダイヤルアップ接続ができないらしく、しかたなく古いノートパソコンを引っ張りだして使ったり・・・。


でも、気を取り直して。
景色は最高!ですから。

北海道生活のスタートです!
お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

旅立ち

いよいよ明日引越し。

北海道へ旅立ちます。


とうとう、という感じです。

こっちでやり残したことは多々あるが、
北海道でやりたいことの方が、もっと多い。

第2の人生いよいよスタートです!


これからも応援よろしくお願いします。<(_ _)>


明日からしばらく更新できないのが残念です。
クリスマス明けには更新できるかな。

皆様、よいクリスマスを。
お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

人と違う

引越しの荷詰め中、中学の卒業文集を発見。

懐かしさのあまり、ついつい見てしまう。

自分も含め、どの生徒もまあ似たり寄ったりの文章ばかり。
一番多いのは、「何々の思い出」みたいなものだったかな。


そんな中、人とは違った、不思議な文章を書いている生徒がいる。
卒業文集だからと飾らずに、軽いノリで書きました、みたいな。

その当時は
「なんかよく分からない文だな」と思ったけど、

今見返してみると、自分たちのが稚拙で、彼のは大人になっても違和感がない。


彼は頭がキレるが勉強はせず、自分の世界を作っていたから、他の人とは考え方や行動が違っていた気がする。

彼とは同じクラスでときどき話をしていた位で、高校進学後はまったく接点がなく消息は分からなかったが、今はかなり有名人になってしまった。

某管理人の西村ひろゆき君。



人と違う事こそが才能


お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

お客さまから

12月に入ってオープンしたショップで、注文いただいたお客さまからお礼のメールが。

良い商品だったことのお褒めの他に、

これからも応援しています


って、本当に嬉しいコメント。


前は、お客さまから直接感謝の言葉をもらえる仕事ではなかったので、喜びもひとしお。(^_^)


どんな仕事にも優劣はつかない。
どんな仕事も必要ある限り大切だと思う。


ただ、お客さまから言葉をもらえる仕事は
どちらかというと、やりがいがアップしますよね。
やっぱりうれしい。
お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

デビュー

脱サラ、起業とは関係なく、

今日はテーマ「家族」ということで

息子をブログデビューさせてみました。


P1010150.jpg


いつの間にか寝てしまった図です。


かなり小太り系につき、あご肉が波打ってます。
この前までは、まだひ弱な感じだったのに、いまはムッチリ君です。

赤ちゃんの成長は本当に早い。
着るものも、どんどん小さくなっていく。


腕白でもいい、たくましく育ってほしい。
(BY丸大)

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

アイディア

「アイディアのヒント」という本の中で、

アイディアが出てくる過程について書いてあった。

いろんな人の法則が書かれていたが、全てに共通していたのが、


アイディアを考える過程で出てくる
さまざまな問題点を一旦忘れてみる


というプロセス。


具体的には、

よく、「あー、これって良いアイディアだな」

と思った瞬間に

「あ、でもこれは他にやっている人がいるから」
「あ、でもこれは資金がかかるから」
「あ、・・・」

と、問題点ばかり思いついてしまう事よくありますよね。

そこで、思考がストップしてしまう。

問題点を一旦思考から消して、アイディアがどうなるのかを考えていけば、結果が出てくるということ。



できない理由を見つけるのは簡単。
できるためには、何をやるかを常に考える。

というのを、少しでも意識していこうと、と言い聞かせている自分。

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

人の縁

今日、引越しする前にと、知人と会う。

その人との始まりは本当に偶然。

最初は妻がブログで知りあい、その人の主催するキャッシュフローゲーム(ロバートキヨサキさんのゲームです)の集まりに夫婦で参加したのがきっかけ。

その人は24歳で起業し、メディアなどにときどき出ている頑張っているウーマン。

その人の夫とともに仲良くお付き合いさせていただいている。


思えば自分は何年も前から、成功の確信もなく脱サラすると決めたものの、最初の一歩が出せなかった。
それが今回できたのは、その夫婦のおかげ。

良い影響をいただいている。


そのとき思ったのが、

何か本気でことを始めようと思えば、
周りに同じ意識の人達が自然と集まる

ということ。


「縁」と一言で言ってしまうと、自分でコントロールできない何か不思議な力に思えてしまうが、

自分が本気で思えばつながってくるのが「縁」の正体なんです。


常に本気でさあやるぞ!

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

引越し作業

引越しの荷詰めって、結構時間がかかるもんですよね。
前日とかにワタワタする羽目になるんで、早めに少しづつダンボールに入れてます。


過去3回以上は引越ししてるんで、ある程度ベテラン?になりつつあるんですが、

入れながらいつも思うのが、

いろいろな形のものをダンボールという四角い箱にピッタリ収めるのは無理がある。

でも割れ物とかあると隙間ができると困るんで、うまく入れようとチャレンジする。



このチャレンジには結構時間をとります。<`~´>


だから、

そろそろダンボールに変わる新しい入れ物が導入されても良いのでは、とずっと思ってます。

CMで見たのが、
食器類なんかを入れるのに、内側がスポンジのようになっている箱?を使っているところがありました。


すべてリサイクルする前提で考えれば、コスト面の負担も減ると思うので、どの会社さんももうダンボールはやめて、新たな箱の導入を検討してみてはいかがでしょう?

私としては、ゲル素材のようなもので、家具から何から全て包み込むようなのがあれば、お客さんも喜ぶと思いますよ。

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

車探し

今、北海道で乗る中古車を探している。

引っ越したらすぐ必要なんで、急いで探している状況。


だから北海道にいる義兄さんに探してもらいながら、自分もネットで。

昔は情報誌だったけど、今はネットで十分見れるんですね。

本当は現物を見て決めたいところなんだけど、良いのがあれば、ネットで即決!なんて考えながら物色。


で、よさそうなのがあって、ショップに電話。

「ネットに載ってる○○、まだありますか?」

「あるけど、これ人気で他にも問い合わせ多いから、すぐ決めないとなくなるよ。今なら、もう1万円安く出来るから。・・・」


これは、前にもブログで書いた

「引越し屋さんの当日割話法」

にそっくりではないか。



中古車ショップって、やっぱり値段の不透明さが拭いきれないと思う。

どの商売でも、専門家じゃないとわからない部分ってあるとおもうけど、

根拠のないディスカウント

これが、消費者の不信を増しているのでは。

保証制度をもっと充実させるなどして、ディスカウント以外の付加価値を高めたほうが良いのに。


お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

広告

今、自分のHP(商品)を
グーグルのアドワーズ広告に試験的に出している。
(グーグルの検索結果の横にスポンサーとして出てくるもの)

今まで、自分の商品を自分で広告に出すという経験はなかったので、試行錯誤の連続だが、

奥が深いな

と感じる。


自分の商品を必要とするお客さまに出会える、広告のタイトルやキーワードを自分で考えるのだが、

出し方によって、クリック率が違ってくる。

何が正解かはわからないが、


「自分が客なら、どんな検索をするか」
「自分が客なら、どんな広告に反応するか」
「自分が客なら・・・


何事も、自分がユーザーになってみる(なった気持ちになる)ことが、一番の近道と思う。



お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

お客さま対応

買ったばかりのプリンタが、早速印字不良に。

(本当に、100枚もプリントしてないのに・・・)


これがないと困るんで、早速お客さまセンターに電話。
ベテランさんみたいな方が出る。

現状を伝えると、
「では、こうしてみてください。それでもダメでしたら、またお電話ください。」

との事。

まあ、普通の受け答えだが、最後に
「ただ、今回の原因はドラムの破損の可能性があります。この場合、ドラムを再度購入いただくことが・・・」

と、暗に無料交換はしませんよ、釘打っときます、みたいな感じが。


ちょっと感じ悪いなーと。



結局、指示通りにメンテナンスするも直らないので、再度電話。

別の人が出て

「そうですか。では交換ドラムを無料ですぐに発送します。」


おや、いい対応ですね(^_^)


2人のギャップに多少戸惑いを感じつつも、お客さま対応の難しさを改めて感じた。

1人目の対応のままなら、おそらくこの会社の製品は2度と買わないだろう。

2人目の対応を受けて、私はこの会社のファンになりつつある(笑




お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

なぜ北海道なのか?

私は生まれも育ちも東京の江戸っ子です。
会社に入って、最初の3年弱だけ北海道に住んだ位です。

しかし今回脱サラにあたり、住まいを東京から北海道に移します。


なんで北海道なの?

と、ほとんどの人に聞かれました。




「北海道大好きだから」

です。

好きな理由は?と聞かれても、なかなか的を得た答えはないんですが。

よくありがちな「食べ物がおいしいから」「夏涼しいから」なんて
観光客が言うような簡単なものではありません。


人が、環境が、あったかい

と自分は感じたから。


キャッチフレーズは

冬は寒いけれど 心はあったかい

です。(笑



あと、よく「北海道は冬寒いでしょう。大丈夫?」と聞かれましたが、
北海道出身の妻曰く、

「東京はビル風もあって寒い」そうです。

東京にきてから、冷え性になったと嘆いていました。
今、友人から餞別でいただいた
「~座るだけで岩盤浴気分~スパ・クッション」を使ってます。(笑

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

家族の応援(後編)

~我が家の家族の応援状況~

私の場合は結婚前から「脱サラするよー」って言い続けて、根回し?してたんで、大丈夫だと思ってたんですが・・・。

今回の脱サラにあたり、ポイントは2点。


1つめは、東京から北海道に移り住むこと。

この点については、妻は積極的賛成
なぜなら、妻は北海道出身だから(笑
まったく反対はありませんでした。


2つめは、前回も書いたとおり、収入面。

この点については、消極的賛成
「あなたが決めたことだから、まあ、しょうがないんじゃないの。」
とのコメント。
危ない危ない、根回ししておいてよかった。


何はともあれ、我が家は
「賛成」
ということになりました。

妻以外のコメントは以下のとおり。

息子(生後2ヶ月)
「オギャー」
(「賛成ですとも、是非頑張りなさい」と言っている。たぶん)


お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

家族の応援(前編)

脱サラするときに一番大事なもの。

家族が賛成して応援してくれるか?



どの本にも書いてますし、実際その通りだと思います。

反対を押し切っていざ始めてみても、孤立無援では厳しいですし、うまくいかないときには、「それ見たことか」と鬼の首をとられるんでしょうね(笑

ビジネスへの絶対の自信・信念と、強靭な精神力がある人ならできるとは思いますけど。
私にはちょっと・・・。


賛成・反対の一番の基準は、なんといっても収入面。
これさえクリアできる見通しがあれば反対は起きないんでしょう。

でも、そんな見通しがあるビジネスがあれば
私が教えて欲しい(笑
聞いたことないですよね。


結局、家族の賛成を得るには

自分を信じてもらう        ことと
何があっても家族は守る こと。

この気持ちを伝え続けることが必要なのかなと思います。

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

社長さんからのいい言葉

会社時代にお世話になった社長から、お言葉を頂きました。

その方も若くして起業した方で、私が起業を考えたときから、いろいろ親身になっていただきました。
メールで転居の旨を伝えたところ、返信の中に以下のコメントが入ってました。

~以下一部抜粋~

いつまでも幸せを常に実感できる人生になるよう努力して下さい。この数日で色々な人と会い、それぞれの人生を見ました。みな、それぞれの幸せを感じましたが、単なる優しさではなく、とことん優しい人が幸せになっていました。



とことん優しい人


とことん優しいってどれだけの人なのか、イメージできないと思いますが、

この社長のように、
常に人のために
という気持ちをもっている人のことを言うんだろうなー、と感じました。

このメールを何回読んでも、そんな思いが伝わってきて、涙ぐんでしまいます。(T_T)


そんな人を目指していこう!


お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

一山超えて

ようやく準備がひと段落。

手作り感たっぷり(笑
のHPもとりあえずできて、
まずは小さいながらもウェブショップの完成。

本当に小さい商売だけれど、ここから経験を積んで、
いろいろな事にチャレンジしていきたい!

今日からまた頑張るぞー!



昨日まであまり寝れてなくて、若干風邪気味。
赤ちゃんもセキをしていて、一家全員風邪家族(笑

みなさん 時節柄、風邪にはご注意を
お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

ビジネスを車に例えると・・・(後編)

~ビジネスを車に見立ててますが~

起業=車を一から組み立てていくのは大変でしょう。

でも、自分で組み立てた車がうまく走ったときの喜びは、成し遂げた人にしか分からないと思う。

自分だけの、オンリーワンの車ですもんね。

(ちなみに、会社勤めの人はバスや電車に乗っているようなもの。そこに乗っていれば目的地へ勝手に走ってくれるので楽なんだけど、自分で操作はできない。そういう人は「自分で車を作るなんて絶対できないよ」と言いますよね。)


ただ、いきなり車を作るのも本当に大変。

特に3ナンバーの車のような大きなビジネスを始めようとすると、出来上がれば乗り心地最高だけれど、なかなか完成までたどり着かない。


そこで・・・
自分はまず「自転車」から始めています。

しかもある程度部品ができているパッケージもので。(笑
(そうは言っても作るのは結構手間ですが)


自転車でも、「自分で作って自分で走る」ことは体験できる。
交通規則や道路状況も学べる。

そこから今度はバイクを作ったり軽自動車にしたりとステップアップしていけば良いと思う。

今は体力勝負。
足で漕いで前へ進もう!

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

ビジネスを車に例えると・・・(前編)

ビジネスを車に例えると、起業って

一からパーツを集めて、自分で組み立てて、
走らせるようなもの
  だと思う。


いったん走るようになれば、あとは勝手に走るしコントロールも自在にできるが、走らせるまでがとても大変な過程ですよね。

もちろんいろいろな起業スタイルがあると思います。
自分が今まで経験してきたことをそのままビジネスにする人は、
最初から中古車で走っているようなもの。

起業に際して専門家がサポートしてくれる人は、
自動車整備の人が付いていてくれるようなもの。


自分のように、パーツ集めからスタートしている人は、
どんなパーツが必要なのか、
どういう順番で組み立てたら良いのか、

なかなか分からない。

説明書を見ても、ある程度知識がある人向けなので素人には難しいんですよ。
(先日のブログにも書きましたね)

また、ひとつひとつのパーツは安くても、数が多いので見積もりが甘く、予算がすぐなくなってしまう。


組み立てていきながらも、
本当に走るのか最後にならないと分からないので、

不安と戦いながら
自分が正しいと思うやり方で突き進んでいく。


そんな気がします。

(後編へ続く)
お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

新しいことを始めると

会社に長いこといて、ベテランさんになると忘れてしまう感覚。


何か新しいことを始めるとき。

分からないことでつまづく度に
そこで全てがストップしてしまう。

昨日もネットでずいぶん調べてるんですけどね。
初歩的なことって、案外出てないことが多い。
ある程度知識がある人向けの情報ばかり。


今までであれば、時間がなければ身近な人に聞くか頼むかで、簡単に乗り越えられる位の壁なのに。


自分で全てできる程非凡ではないのだから。

人との繋がりって大切ですね。


お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。