脱サラ起業物語

ごくごく普通の平凡サラリーマンが、いきなり北海道で脱サラ起業!退職から起業まで悪戦苦闘ぶり?をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

退職日

今、会社に行って最後の手続きをしてきました。

あっさり終了

お世話になった社内の人にお礼のメールをしているときは、ちょっとホロっと涙ぐんでしまいましたが。

約8年、長かったような短かったような。
・・・。
・・・。


おっと、感傷に浸っている場合じゃない。


ひとつの終わりは次の始まり。


最初が肝心!さあ、がんばれ!

と、そばで泣いている生後2ヶ月の息子が言っている気がします(笑


お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。
スポンサーサイト

お客さまからの言葉

退職日をいよいよ明日に控え、今はお世話になったお客様まわりの期間。
ようやく昨日、全てのお客様に会えた。無事終了。

お客様に退職する旨を伝えると、
「この後何をするの?」
と、まあ全員に聞かれますわな。

「自分で商売を・・・」

と言うと、返事が2種類。

「いや、もったいない」
「そう簡単にはいかないよ」

と返してくる派。

「そう、大変だけど頑張って」
と返してくる派。


私のお客様は自分で商売をしている人が多いので、基本的に後者のパターンがほとんどでした。
自分で脱サラ起業を経験し、苦労を重ね、今を築いてきた人の言葉には、
やはり重みがありますよね。

自分も頑張らなければ、と改めて思います。


ちなみに前者は会社員の方に多いですね。
お客様ではないけれど、今の会社の人達は特に。(笑


はじめは溺れても良い、大海を泳げる蛙になろう

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

引越し業者さんへ

部屋が決まったんで、次は引越し業者を決めないと・・・。

「複数業者一括見積もり」なんて便利なサイトが結構あるんで、そこに依頼。

で、我が家には新生児がいるので、
とりあえずメールのみで見積もりをお願い。

そうしたら、ほぼ全ての業者が
「メールでは見積もりできません。訪問見積もりです。」

メールでって依頼した意味ないって(-_-メ)

なかには、毎日じゃんじゃん電話をかけてきて「とりあえず訪問させてください。無料ですから」なんて熱心なところも(-_-メ)

遠距離だからメール見積もりできないと言い訳してたけど、たぶん近距離であっても、この手口で訪問してゴリゴリ契約にもっていきそうな気がする。



ゴリゴリといえば、引越し業者さんの常套手段
「今この場でご契約いただいたら、さらに割引しますよ」って。
我が家に来たどの業者も言ってました。

『当日割』とでも言うんですかね。

どこかの携帯みたいなネーミングですけど。


業者さんに、
「なんでその場じゃないとダメなんですか?翌日割とかないんですか?」
って聞いたら、笑ってました。

当日割の根拠は
「引越日を決めてくれたら、他のお客さまにその日を勧めなくて良くなるんで、手間が省けるからその分安くします。」
だって。

わかるようなわからないような。

料金体系をもっと透明にすればいいんですけどね。
例えばオークション形式にするとか。
航空会社みたいにきちんとした早割を出すとか。
お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

不動産屋にて

先日、旭川へ2泊3日の部屋探しの旅に行ってきました。

ネットである程度目星をつけて行ったんですが、


私:「この物件を見たいんですが」

不動産屋:「失礼ですがご職業は」

私:「・・・自分で商売をする予定です」

不動産屋:「定職ないと、ここの管理会社は厳しいのでダメですよ」


門前払いですか?!


こんなやり取りばっかりでしたね。
不動産屋に「定職あればもっと良い物件あったんですけどね」
と捨て台詞まで。

結局、部屋は無事決まりましたが。



『会社を辞める前にクレジットカードは作っておいたほうが良い』

ってよく聞きますけど、他にもいろいろ障害はあるんだなーと
改めて実感しました。

世間の荒波に負けないどー

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

退職のタイミング

この前少しふれましたが

9月に第1子が生まれました。

待望の長男でこれまた可愛いんです。
親バカです(笑

で、生後2ヶ月でパパは退職。


「普通は『子供が生まれたから、この子の為に頑張ろう』ってなるのに、何故いま辞めるの?」

って、職場の人ほぼ全員から言われました。

何故って

タイミングです。

うまく説明できませんが、いろいろな要因・つながりが重なっているんでしょうね。
何事も同じだと思いますが。

このタイミングがあっているのか、間違っているのかは分かりません。
でも自分を信じていれば、きっと良い結果につながるはず。

ポジティブシンキングでいこう

これはいつも妻に言われてます^_^;

お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

退職は計画的に

「えいっ」と辞めたと言いましたが、もう何年も前から準備してきたので計画的犯行です(^_^)v

よく
「上司にむかついてキレた」
とか
「お客さんから無理難題言われてキレた」
みたいな「突発的辞表叩きつけ」を時々聞きますが、あれはイカンですね。

なんといっても

後味が悪い

辞めたほうも、辞められた側も、苦い思い出しか残らないし、

後悔が強い。


よく退職関係の本を見ると、


どんな会社でも「何か少しでも自分を育ててくれたハズ」と思って
タツトリアトヲニゴサズの気持ちを持ちましょう。(良)

なんて書いてます。確かに、社内・社外の人が次の支援者になる可能性は高いですもんね。

しかし一方では、
「もう辞めるのだから、もらえるものはがっつりもらいましょう。利用できるものは利用しましょう。」(悪?)

とくに不定期収入(ボーナス)とか、もらってから辞めろと。


良い人すぎてもよくないんですね。


私の経験から
「会社には感謝の気持ちでいても、もらえるものはもらいましょう。良い人だけでは生きていけない」

これは辞める職場の人に言われた忠告です(笑

もちろん私はもらえるものをもらってません。
なんか悪い気がして。
ちょっと後悔してますが。

でも、その分良いことが返ってくるはず\(^o^)/
お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

ようやく退職

前回辞表を出すと書いてから半年間、まったく更新できずにすみません(T_T)
休眠ブログ状態でしたね・・・。

3月に会社を辞めれず、4月からは職場缶詰状態ではや半年。
そして最近子供が生まれ、家族への責任世代に・・・。


「このままでは、この先もずっと同じことの繰り返しでは」

好きなことや得意なことはまだ見つからないけれど・・・
もう30歳になった。時間切れだ。

えいっ
辞めちゃえー

ようやく退職の運びとなりました!


そして退職後は東京から遠く離れて
北海道は旭川で商売を始めるどー!

大雪山



今は引越し、そして商売ネタ仕込みに奔走の日々を過ごしてます。

誰か安くて親切な引越業者知っていたら教えてください<(_ _)>


お読みいただきありがとうございました。
banner_04.gif
e_03.gif
↑ポチポチして頂けるととてもうれしいです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。